過集中でトイレにいかない子への対応

過集中の困り事

発達障害を抱える人は、1つのことに極端に集中してしまう「過集中」と呼ばれる状態に入ることがあります。過集中は強みとして扱われることが多いですが、当事者には困り事もあります。

その中の1つが「生理現象が止まりやすい」というものです。

トイレを忘れてしまう

▶︎ 読書
▶︎ 工作
▶︎ 仕事
▶︎ ゲーム

様々な場面で過集中状態になることがありますが、文字通り「過剰に集中している状態」ですので、トイレにいくことを忘れてしまう、あるいは食事を忘れてしまう、ということがよく起こります。

特にトイレに行くことに忘れてしまうと、

◎ 便秘
◎ 腹痛
◎ 膀胱炎

など、身体的に大きくダメージを受けることもあり、注意が必要です。

過集中への対応

対応としては、

◯自分が過集中になりやすいことを自己理解する
◯タイマーをセットする
◯どこまでやれば休憩するか決めておく
◯時間になったら友達・仲間に声をかけてもらう

などの対策が必要になります。特に、過集中が分かっていても本人で止められないケースもあるので、人に頼ることはとても大切です。

終わりに

過集中は、強みにもなりますが、デメリットも大きい特性です。

本人も周囲もその特性を理解して、困り事がないようにして行きたいですね(^ ^)

【公式アカウント】

*メールアドレス
お名前(姓・名)

友だち追加

発達障害・知的障害があっても入れる保険を知りたい人は…


研修会・セミナーのご案内

以下のサイトで開催中の研修会・セミナーの募集をしています。
ぜひご覧ください!

こはけんONLINEのご案内

こはけんONLINEは、発達支援に関わる専門家のための専門メディアです

◯ニュース記事
◯支援情報に関する動画
◯交流会・対談番組
様々な媒体で、支援力のアップデートを支えていきます。ぜひご覧ください!

こども発達支援研究会 認定講座のご案内

認定講座では3つのコースで発達支援の実践力を鍛えていきます!

「科学的な知見」と「現場支援」に特化した3日間の集中講座を実地しています。

また、終了後は、認定講師試験も用意して、研究会での様々な活動に講師としてご参加いただけます。ぜひお越しください!

最新情報をチェックしよう!