TAG

当事者

凸凹マップ!第6回【後編】発達障害体験談〜頑張り過ぎず、ゆるゆると〜

前編のふりかえり 前編はこちら 発達障害体験談 インターネットの友達が親身になってくれた 寄り添ってくれる人達の存在 複雑なご家庭で育ったロートさんですが、身の回りの人達が助けてくれることも多かったそうです。 何かを自己開示することで、救われる人がいる 顔が見えない間柄だからこそ、安心してなんでも話せる……新しい時代ならではの関わり方ですね。ロートさんはSNSを柔軟に活用しています。 全体のまとめ […]

凸凹マップ!第6回【前編】発達障害体験談〜頑張り過ぎず、ゆるゆると〜

発達障害体験談 当事者ロートさんのプロフィール ASDの症状について 小学生の時、兄弟の診断と一緒に発達障害が発覚 両親から発達障害に対する理解は得られず 「投資に見合ういい子」を求められて 子どもに診断が下りたとしても、発達障害に関心のないご両親は少なくはありません。大きな問題がない限りは「様子見」される方もいらっしゃると聞きます。 しかし、どうやらロートさんの場合、問題はそれだけではなさそうで […]

凸凹マップ!第5回【後編】発達障害体験談〜東京で療育、発達支援の実態〜

前編のふりかえり 前編はこちら 前編では、ぽぽこさんのお子さんが受けている療育について詳しく伺いました。 厚生労働省は2019年10月から就学前障害児の発達支援の無償化をすすめており、専門家による療育がほぼ無料で受けられる施設が増えているそうです。詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。 療育にご興味のある方は、一度自治体の子供家庭支援センターへ相談してみてはいかがでしょうか。実際に足を運 […]

凸凹マップ!第5回【前編】発達障害体験談〜東京で療育、発達支援の実態〜

発達障害体験談 保護者ぽぽこさんのプロフィール お子さんのADHDの症状について 自分で動かないと情報は入って来ない 発達障害というものがあることを、知識として持っていたぽぽこさん。 お子さんの様子に違和感を覚えてから、ご自身で積極的に情報収集することにしたそうです。 ※東京都では、18歳未満の子どもや子育てのあらゆる相談窓口として、「子供家庭支援センター」を設けています。発達障害についての情報は […]

凸凹マップ!第4回【前編】発達障害体験談〜海外で居場所発見〜

発達障害体験談 当事者うぱるぱさんのプロフィール 発達障害全般の症状について 専門的な用語を交えながら、自身の症状についてうぱるぱさんは語ります。ご自身では「国語能力」に問題があると仰っていましたが、その話し方はとても論理的で分かりやすいです。教育関係者ということもあって、発達障害についての見識が深いように感じました。困り感について、とても俯瞰的に見ていらっしゃいます。 大学時代、論文がどうしても […]

凸凹マップ!第3回【後編】発達障害体験談〜在宅勤務の工夫と実態〜

前編のふりかえり 前編はこちら 前編では、ゆりかさんの小学生時代の体験を中心に振り返っていただきました。 苦手な教科はあったものの、得意な教科も多く、常に遊べる友人はいたため、「大きな困り感はなかった」そうです。 しかし、就労を機に、ゆりかさんはご自身の特性と直面することになりました……。後編では、お仕事を始められたゆりかさんの体験談を綴ります。 発達障害体験談 マルチタスクの難しさ 短期長期合わ […]

凸凹マップ!第3回【前編】発達障害体験談〜在宅勤務の工夫と実態〜

発達障害体験談 当事者ゆりかさんのプロフィール ADHDの症状について 「性格めっちゃいいけど、めっちゃ悪いやつの時もあるよね」 「仲良くなるためには、周りにウケないといけない」という思いが、特に小学生時代は強かった……と、ゆりかさんは振り返ります。 「使命感のような衝動」でイタズラを繰り返す 中学に入学 英語や数学は暗号の羅列に見えた 前編まとめ 明るく、朗らかな笑顔が印象的なゆりかさん。大変だ […]

凸凹マップ!第2回【後編】発達障害体験談〜自分の取扱説明書〜

前編のふりかえり (前編はこちら) 発達障害の事実を知らないまま、スーさんは大人になっていきました。多くの仕事にチャレンジし、一生懸命に働こうとするスーさん。 しかし、周囲の理解を得られず、人間関係面で苦境に立たされてしまいます。 「常に働いていなければいけない」感覚があると語る、スーさん。 生き辛さのトンネルに出口はあるのでしょうか。 後編では、スーさんが発達障害の診断を受けたその後を綴ります。 […]

凸凹マップ!第2回【前編】発達障害体験談〜自分の取扱説明書〜

発達障がい体験談 当事者スーさんのプロフィール ADHDの症状について ※・・・スーさんのように大人になってから発達障害の診断を受ける大人の当事者の方は多くいます。二次障害による鬱や精神疾患の症状で、心療内科や精神科を受診したところ、発達障害の診断も同時に受けるケースがあります。 参考記事:発達障害の二次障害とは?〜原因・症状・行動〜【予防と対応のステップ】 通知表に必ず書かれた「忘れ物が多い」の […]

凸凹マップ!第1回【後編】発達障害体験談〜苦手じゃないことを細々と〜

前編のふりかえり 前編では、ももんがさんの子どもの頃から発達障害の診断を受けるまでを振り返り、語っていただきました。 「発達障害の診断を受けたことで対処法が分かり、希望が見えた」と話すももんがさん。しかし数多くの挫折もあったそうです。 後編では、成人になった後、今のお仕事に就くまでの過程を綴ります。 発達障害体験談 二次障害を発症し、うつ状態に (※二次障害については、発達障害の二次障害とは?〜原 […]

凸凹マップ!第1回【前編】発達障害体験談〜苦手じゃないことを細々と〜

当事者の方からメールが届く ……告知をした時、正直なところ「取材に応じてくれる方はいらっしゃらないのでは」という不安が勝ちました。障害はなかなかデリケートな分野です。 加えて、育ってきた過程を取材するということは、当事者の人は赤裸々な経験を話すことにもなります。 こうした懸念を抱いていた筆者ですが、告知してすぐに一通のメールが届きました。ADHDとASD当事者の人からでした。「お役に立てれば幸いで […]