才能は遺伝か、環境か? 〜遺伝と環境の相互作用の3パターンから考える〜

才能はどうやって決まる?

人の才能はどのように決まるのでしょうか?

親の遺伝?育ってきた環境?
色々な意見がありますが、現在では「遺伝と環境の相互作用」という説が主流となっています。

そして、アメリカの発達心理学者の「アーサー・ジェンセン」は、
「遺伝的な可能性が花開くのにどれくらい環境が左右するかは、特性ごとに違う」
という説を提唱しています。

例えば、身長など遺伝的な要素が大きい特性もあれば、知識・学力のように環境に左右される度合いが大きい特性もある、ということです。


実は、その後の研究で、好き嫌いや身体特性は遺伝の要素が大きいとされています。つまり、
「親の好みや身体特性が高確率で遺伝するなら、親が最も力を発揮できる環境は、高い確率で子どもの才能も発揮されやすい環境である」
ということです。

Benjamin,et al.,Nature Genetics,1996/Ebstein,et al.,Nature Genetics,1996

遺伝と環境の相互作用の3パターン

遺伝と環境の相互作用には、「受動的・誘発的・能動的」の3つのパターンがあるそうです。(慶應大.安藤寿康)

①受動的相関

これは「親は、自分が好ましい環境を子どもにも与える」という傾向です。

例えば、
▶︎ 社会性が高い親は、子どもをパーティに連れていく
▶︎ 野球が得意な親は、子どもを野球チームに入れる
▶︎ 勉強が得意な親は、勉強に専念できる学校に入れたがる

など、親の経験・好みを子どもに生かそうとする傾向です。


②誘発的相関

これは「才能がある子は、周りの人がそれにふさわしい環境を用意する」という傾向です。

例えば、
▶︎ 身長が高い子は、バスケを勧められる
▶︎ 学力が高い子は、進学校を勧められる
▶︎ 海の生き物が好きな人には、海洋大学を勧められる

など、「この子にはこの道がいいのでは?」と周囲の人が動いてくれる傾向を指します。


③能動的相関

これは「自分の得意を生かせる、環境を自分で選ぶ」という傾向です。

例えば、
▶︎ 走るのが得意なので、陸上部に入る
▶︎ 読書が好きなので、自分から図書室の先生に質問をしにいく
▶︎ 好奇心が強いので、海外に留学する

など、自分で得意を生かせる方向に進んでいく傾向です。


まとめ

この3つの傾向を考えると、最初に、

1、親が子どもの得意不得意、好き嫌いを理解する
2、子どもに合った環境を用意する

この2つができれば、その後は自然と自分の強みを生かした人生を送れる、と言われています。

以上です!参考になれば幸いです(^ ^)

【公式アカウント】

友だち追加
*メールアドレス
お名前(姓・名)

発達障害・知的障害があっても入れる保険を知りたい人は…


研修会・セミナーのご案内

以下のサイトで開催中の研修会・セミナーの募集をしています。
ぜひご覧ください!

こはけんONLINEのご案内

こはけんONLINEは、発達支援に関わる専門家のための専門メディアです

◯ニュース記事
◯支援情報に関する動画
◯交流会・対談番組
様々な媒体で、支援力のアップデートを支えていきます。ぜひご覧ください!

こども発達支援研究会 認定講座のご案内

認定講座では3つのコースで発達支援の実践力を鍛えていきます!

「科学的な知見」と「現場支援」に特化した3日間の集中講座を実地しています。

また、終了後は、認定講師試験も用意して、研究会での様々な活動に講師としてご参加いただけます。ぜひお越しください!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!